マンガ
渡部大羊
3/2

アユム⑥ 「この手があれば」 改

#描き直し
印刷

どぅおーーーーどですかでん

アユムが怒った後のかすみの驚きの表情は私にとっては納得のもので、それを伝え切れるかどうかがひとつ関門なのかなとおもってこうしてみました

アユムの怒りによって気づき欲が出る様を追ってみました

どですかでん?

いいね!  6 超いいね!  6 面白い  1
   6
いいね!  6 超いいね!  6 面白い  1
   6
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
東京へ行く資金に致します!そしてより面白いものをお届けします!
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
握手

握手

渡部大羊
2018/9/29
favorite_border
さらけだし

さらけだし

渡部大羊
2018/10/17
favorite_border
五朗

五朗

渡部大羊
2/21
favorite_border
おニューの服

おニューの服

渡部大羊
2018/11/26
favorite_border
3件の編集コメント
3/2
うん!いいと思います!
最後のページのかすみいい顔してますね!
驚きの表情に関しては、違和感は減ったと思います。
かすみの驚きを成立させるためには、アユムがそんなことを言うとは思えない状況が必要だと思います。普段はおちゃらけて、冗談ばかり言っているあのアユムが!?みたいな。
けっこう率直な物言いをしそうなキャラの印象があるので、そんなに驚く?みたいな感覚が拭えないんだと思います。
大羊さんの中にはアユムの記憶があっても、読者は描かれているアユムしか知らないというギャップも要因かもしれないです。
もしかしたら、このエピソードだけで、不意に確信を付く発言をするキャラクターであることは描きづらいかもしれないので、今後、そういうキャラクターであることを積み重ねていけばいいのかもしれないです。
あと、その驚きの表情は大羊さんにとって何かしらの意味があるんだと思うので、そこは大事にしたほうがいいと思います。特別な感情や、いわゆる”萌え”があるかもしれないので。

3/3

あ〜〜たしかに私の中のアユムと読者の思うアユムの差はありますね!まだエピソードが足りないという感じはします。
かすみもやっとここでキャラが見えてき始めただけに、彼女の驚きは共有し難かったかー…!「この前にもう一つかすみのエピソード共有しておきたかったな」とか思いながらこれも描いてました。

こういう制約を感じたのは初めてで、とても勉強になります。

や、わかる。「キャラの驚き」は何か私の癖を感じました笑
渡部大羊 作者   いいね 0  
3/3
読者と積み上げてきたキャラの理解も必要だけど、そのエピソードの中でもちゃんと腑に落ちるような運びができるともっといいのかな
渡部大羊 作者   いいね 0  
3/4
よい!!!
これなら3ページ目のト書き無しの方が、グッとかすみの気持ちを想像できて、物語の中に入れる。


むーさんも言ってたけど、もし、これをもう少し長くにするなら前提は、いると思うので
前描いた話をブラッシュアップして、くっつけてみるのもよいかもね。

前半4ページくらいで、
「殴る」アユムとかの話を入れて、全体8ページくらいでツイッターで反応みてみてもよいかも?どお?むーさん。

他のエピソードももちろん見たいのだけどね。^_^

3/4

私もぶつ切りのをもっと面白く再構成してみたいと思い始めてます!
ただもう少しだけ周りを膨らませたいので、ネームに近い形でフットワーク軽く他のエピソード試したいと思います!
渡部大羊 作者   いいね 1  

3/4

そだね!今はそれがいいかも。描きまくって欲しい^_^
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは