マンガ
渡部大羊
3/1更新

アユム⑥ 改 小さい

#描き直し
印刷

ちょっと試しに描き直してみました

いいね!  2 超いいね!  4
   9
いいね!  2 超いいね!  4
   9
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
東京へ行く資金に致します!そしてより面白いものをお届けします!
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
握手

握手

渡部大羊
2018/9/29
favorite_border
さらけだし

さらけだし

渡部大羊
2018/10/17
favorite_border
五朗

五朗

渡部大羊
2/21
favorite_border
おニューの服

おニューの服

渡部大羊
2018/11/26
favorite_border
2件の編集コメント
2/20
ちょっとガチで

1コマ目、大きなコマでアユムの凄さ出すこと感じさせて欲しい。1コマ目のインパクトは超大事。

あと、やっぱり「かすみ手がでかい」をどう読めばいいかわからない。
アユムの感情はわかりにくい設定なら、それを、うけたかすみがどういう気持ちなのかな?
「あんたの手が小さい」だけではわからない。表情もないしね。

ここに、何かを感じたのなら、かすみの感情があると思うのだけど。
どうかな?

2/21

たしかに!!
じんわり違和感感じてるところぜんぶこしの先生に言語化して頂いた…もっかい描きます!
渡部大羊 作者   いいね 0  
2/21
こしのさんのコメントがすごい、、、
順番を整えたことで読みやすくなったと思います。
さらに僕が最初思ったのは、最後のモノローグは無いほうが、重ねた手が印象的かなというのと、1ページの「あんなに手小さいのに」というセリフが色づくかな、ということでした。
モノローグをとっただけではその前の「イヤ…」というセリフと表情からのミスマッチが残るので、そこを是正しないといけないと思いますが。
物語全体は別に百合を入れたいわけじゃないと思うので、あくまでこの回限りの百合”想起”ぐらいだとは思いますが、大羊さんも言ってたように、どうせやるならしっかり百合演出したほうがいいかなと思います。 修正済

2/21

なるほど…!!
こしの先生にも言っていただいたようにあゆみの行動に対するかすみの反応が問題になってくると思うんですが、
私の中でかすみをアユムとどういう位置付けにするか迷ってるので濁してしまってました笑
照れるけど本気でドキドキするとこれから出てくる他のアユムに翻弄されるキャラと同じになっちゃうな…といった具合です。
どーしよっかなー。ちょっとバイト中考えます笑
渡部大羊 作者   いいね 0  

2/23

ドキドキと、百合っぽくしても、いいかもよ。かすみはそんな自分を否定すればいいし、仮想の彼氏を想像してもいいし。そこでかすみのキャラを出せる!チャーンス!^_^

2/24

確かにそれもいいですね、、!
思春期の一時的な感情で同性を好きになってしまうことはあるし、
櫻の園もそういう作品でした。
仮想の彼氏に嫉妬したり、嫉妬した感情に嫌悪感を抱いたり。
かすみのキャラが出てくる時が作品のポイントの一つになりそうですね!

2/24

なるほど〜〜
私の中でかすみは観察者的立場と、アユムと誰かの中立的立場に置きたいんですよね
百合っぽくするとなると他のキャラを持ってきたいな〜〜
ほんでその子がかすみに対して嫉妬するとか描きたい
渡部大羊 作者   いいね 0  

2/24

なるほど、それも良いね。
では、かすみが中立であるようなキャラ立てはあるよね。とても常識人だとか、当たり障りないことが当然と思ってるとか。いずれにせよかすみの気持ちも知りたいと思ったのだけど。
とりあえずこのお話のアユムに感じたかすみの気持ちを知りたいのだけど。
へんなやつ・・・
なら、なんで変と思ったのかというところにかすみのキャラが隠れてると思う。
みたいな考え方かなー。
どうだろ?

2/24

お”〜〜なるほど
これを描き始めた元々のかすみの気持ちとしては、
「アユムはあんなに手が小さいのにバスケがうまい→私もあんな風になりたい」でした
で、本気で練習して、上手くなってアユムと試合でコンビネーションプレーができる。アユムに認められる。本当の仲間として隣に居られる。そこで、「私はこの子の隣に立ちたかったんだ」と気づく。
ていう流れをその後いつか描けたらなーくらいな
アユムの方がかすみに対して「へんなやつ。キモ。」て思ってる図がほしいかな、、
そうするとかすみはどんな奴なのかなおさら考えないとですね
渡部大羊 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは