60008 262 262 false OJUmozEhHoXyfXlK1ctYdSiaGGS8bE3o 4acae05c83766538821f46d8eb35c30f 0 0
1
13
いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。nc-0 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。nc-1 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-2 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-3 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-4 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-5 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-6 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-7 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-8 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-9 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-10 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-11 いぬパパマンガ・誰かタイムマシンを貸してください by いぬパパ。n-12

ケータイも持ってなかったし、スマホもLINEもない時代の話です。スポーツも勉強もそこそこ、見た目もヘアスタイルも服装も自信なんてなかったし、思えば、「漫画描けるのすごいね」って褒めてもらいたかったのかもしれません。人と違うことをするのが、すごいと思っていたのかもしれません。何かの病にかかっていたのかもしれません。そして、過去には戻れないということを痛感しました。

面白かったら応援!

作品が気に入ったら
もっと作品を描いてもらえるよう作者を応援しよう!