• 新着コメントのあるマンガ

光の声

10日前
 
「頭の中は何を思っても良い」なんて優しく素敵な台詞でしょう!主人公が柔らかく救われる様子が伺え、温かい気持ちになりました! 作品の舞台は、最初は自分の部屋、3コマ目からは電車の中でしょうか(違ったらごめんなさい!)。親しみやすく読者が入っていきやすい場所を選べていることも、作品の受けとりやすさに繋がっていると思います。 読切作品としては、やや情報が受け取りにくいかも知れません。 この「恋愛感情で~」と「お呟きに感謝」と「実際お会いする事は~」の対象はすべて同じという理解であっているでしょうか。魅力的な感情があるのですが、少しだけ伝わり方が弱く感じました。 誰に対しての感情なのか/または誰ということでもないのかにより、  A「片想いする少女を未来の自分が勇気づける話」なのか  B「自己肯定感が低い少女が未来の自分に励まされる話」なのか 見え方が変わって来る為、丁寧に調整しても良い箇所かなと思います。具体的には…以下は一例ですが、  Aであれば、お相手のイメージ(Twitterのアイコンなど?)を示し、この人に対する感情なんだな、と読者に届きやすくする  Bであれば、感情をもう少し広いものにする(多くの人が日常的に思うものにする) などが考えられそうです。描きたい方向に合わせて、参考になりましたら。 キャラの優しい表情、丁寧に描かれた絵も本当に魅力的です。これからも楽しみにしています!