• 新着コメントのあるマンガ

後輩と私

16時間前
  +1
いいお話ですね 思いがけないところからの評価だからこその嬉しさってありますよね ただ、素材としてのエピソードの良さに対して フィニッシュが今一つな気もしました みんなに見送られるシーンで後輩さんがすっ…と目をそらす演出などはぞわっときましたが それだけに ホッとしたところを追いかけてこられて 声をかけられたところ、 一瞬「げっ」っていうような イヤなリアクションが欲しいです 引け目があったのだし どんな文句を言われるかと身構えた所へ お礼を言われてしまう、という 方が効くと思います お礼を言われた後のリアクションも 現状お礼を言われたことよりも プレゼントが調味料だった、ということが一番の衝撃、のようにみえてしまいます まず恨み言に対して身構える、 なのにお礼、 「えっ…?」という衝撃の大ゴマ そのあと 料理が好き、調味料というワードを聞いて 罪悪感で忘れていた後輩との「いい方の思い出」の走馬灯ぶわあ… どうでしょう あとラストのモノローグが ちょっとこの流れにそぐわない気がします こんな自分に感謝してもらえるのだから 自分ももっと他人を思い遣ろう、ということかもしれませんが 作品の流れからすると ダメダメなつもりが、 実は意外に自分ちゃんとしてた?ってことなんで 自分のことも卑下してばかりじゃなくてちょっと認めてあげよう、 人に優しくしたいならまず自分にもやさしくしてあげなくちゃ、的な 自分を認めてあげるモノローグが似合う気がします