コミチのePub作成機能を利用して、Amazonで電子書籍を販売しよう!

favorite_border 1
コミチさんの作品:コミチのePub作成機能を利用して、Amazonで電子書籍を販売しよう!

コミチでは、必要な項目を入力して作品を投稿するだけで、ePubファイルを簡単に作成し、kindle direct publishingで電子書籍を出版することができます。


kindle direct publishing(以下KDP)とは、Amazonが提供しているセルフ出版サービスです。
KDPを利用することで、Amazonで誰でも無料で電子書籍を出版・販売することができます。


KDPで電子書籍を出版することはとても簡単ですが、入稿するためには原稿のファイル形式をKDPが推奨しているdocx、ePub、KPFのいずれかに変換する必要があります(サポートされているファイル形式の一覧はこちら)。


動画でも解説をしているので、ぜひこちらもご覧ください。




1. コミチに作品を投稿する(すでに投稿済みの作品をePub化するときは、「2. ePubデータを作成する」からご覧ください)

・トップページ右上の「作品管理」をクリックする



・作品管理・投稿画面で「作品(連載)を新規作成」をクリックする



・項目を入力し、作品を投稿する

必須項目は「タイトル」のみなので、他の項目は省略しても投稿できます。また、後からでも編集可能です。



・作品詳細ページの「話の投稿」をクリックする



・話を投稿する画面で、マンガ画像やエピソードのタイトルを設定する

必須項目は「マンガ画像」、「タイトル」のみなので、他の項目は入力しなくても投稿できます。また、後からでも編集可能です。




2. ePubデータを作成する

・作品詳細ページの「入稿データ作成」をクリックする



入稿データ作成画面に遷移します。



・ePubに収録したいエピソードを選ぶ

デフォルトでは、公開中のすべてのエピソードが収録されるようになっています。



収録するエピソードを指定することも可能です。




・必要に応じて特典エピソードを追加する

ePubファイルには、電子書籍を購入した人限定で閲覧できる「特典エピソード」を追加することができます。追加したい場合は、事前に特典エピソードを下書き状態で投稿しておきます。





・ページ進行方向を指定する

デフォルトでは「右から左」(一般的な漫画のスタイル)になっています。



・「電子書籍(ePub)をつくる」にチェックを入れ、必要項目を入力する

必須項目は「書籍タイトル」、「著者名」なので、他の項目は省略しても作成できます。また、後からでも編集可能です。



「入稿データを作成」をクリックすると、入稿データ管理画面に遷移します。

おおよそ10分ほどで、ePubファイルのダウンロードが可能になります。



・ePubファイル生成の完了をお知らせするメールが届いたら、「入稿データ管理画面を開く」をクリックする



・入稿データ管理画面でePubのダウンロードボタンをクリックする



ePubファイルがダウンロードできました。



3. KDPで電子書籍を出版する

・KDPにアカウントを登録/サインインする

こちらからアカウントをの登録/サインインが可能です。Amazonアカウントでログインすることができます。


・タイトルの新規作成画面で「電子書籍または有料マンガ」をクリックする



・「Kindle本の詳細」を入力する

「(オプション)」と表記があるものは、入力しなくても先に進むことができます。

注意が必要なのは、「出版に関して必要な権利」の項目です。「これはパブリックドメインの作品です。」を選ぶと、「出版した電子書籍を誰でも自由に使ってよい」ということになってしまうので、通常は「私は著作権者であり、出版に関して必要な権利を保有しています。」を選択します。



・Kindle本のコンテンツを入力する

「電子書籍の原稿をアップロード」から、先ほどコミチで作成したePubファイルをアップロードし、必要項目を入力します。「(オプション)」と表記があるものは、入力しなくても先に進むことができます。

また、「デジタル著作権(DRM)」とは、電子書籍の不正利用を防ぐためのテクノロジーのことです。著者によっては、読者に作品を積極的に広めてほしいという考えから本にDRMを適用しない場合もあります。ここでのDRM設定を後から変更することはできないので注意が必要です。



・「Kindle本の価格設定」を入力する

「KDPセレクト」とは、より多くの読者を獲得し、収入を増やすことができるようにする無料のプログラムです。大きなメリットがありますが、90日間はコンテンツをKindleのみの独占販売にしなければならない等の条件もあります(詳しくはこちら)。

また、70%のロイヤリティを得るためにはKDPセレクトに登録する必要があります。


「各マーケットプレイスごとの希望小売価格」は、プルダウンを「Amazon.co.jp」に設定し日本円の「希望小売価格」を入力すると、自動で他の国の「希望小売価格」も設定されます。ロイヤリティを「70%」に設定した場合、250円〜1,250円の間で価格設定しなければいけません。


「本のレンタル」は、ロイヤリティを「70%」で設定している人は「許可する」状態でロックされていて、変更できないようになっています。ロイヤリティを「35%」で設定している人はチェックボックスを外すことができます。


正常に完了し申請が通ると、最大72時間以内に世界中のAmazonであなたの電子書籍を購入できるようになります。

あとは、申請が通り購入が可能になったという連絡のメールを待つだけです。


電子書籍の出版、おめでとうございます!

26  
1/14
作者
   

サポート
色んな"いいね!"を送るにはログインが必要です。
コメント(1件)
ログインすると、コメントできます
電子書籍化がすぐできる機能は素晴らしいと思います。が、電子書籍化の作業よりも確定申告の作業の方が面倒だし、皆やらなくてはいけないのだということをどこかに一文入れておいてくださるともっと親切かと思います... もっと見る