コミチの機能紹介

-

コミチのePub作成機能を利用して、BOOK☆WALKERで電子書籍を販売しよう!

キャンセル
コミチさんの作品:コミチのePub作成機能を利用して、BOOK☆WALKERで電子書籍を販売しよう!

コミチでは、必要な項目を入力して作品を投稿するだけで、ePubファイルを簡単に作成し、でBOOK☆WALKERで電子書籍を出版することができます。


BOOK☆WALKERでは同人誌・個人出版サービスを利用して、著者センターから作品を販売することができます。


BOOK☆WALKERで電子書籍を出版することはとても簡単ですが、入稿するためには原稿のファイル形式をePubに変換する必要があります。


1. コミチに作品を投稿する(すでに投稿済みの作品をePub化するときは、「2. ePubデータを作成する」からご覧ください)


・トップページ右上の「作品管理」をクリックする



・作品管理・投稿画面で「作品(連載)を新規作成」をクリックする



・項目を入力し、作品を投稿する

必須項目は「タイトル」のみなので、他の項目は省略しても投稿できます。また、後からでも編集可能です。



・作品詳細ページの「話の投稿」をクリックする



・話を投稿する画面で、マンガ画像やエピソードのタイトルを設定する

必須項目は「マンガ画像」、「タイトル」のみなので、他の項目は入力しなくても投稿できます。また、後からでも編集可能です。




2. ePubデータを作成する


・作品詳細ページの「入稿データ作成」をクリックする



入稿データ作成画面に遷移します。



・ePubに収録したいエピソードを選ぶ

デフォルトでは、公開中のすべてのエピソードが収録されるようになっています。



収録するエピソードを指定することも可能です。



・必要に応じて特典エピソードを追加する

ePubファイルには、電子書籍を購入した人限定で閲覧できる「特典エピソード」を追加することができます。追加したい場合は、事前に特典エピソードを下書き状態で投稿しておきます。



・ページ進行方向を指定する

デフォルトでは「右から左」(一般的な漫画のスタイル)になっています。



・「電子書籍(ePub)をつくる」にチェックを入れ、必要項目を入力する

必須項目は「書籍タイトル」、「著者名」なので、他の項目は省略しても作成できます。また、後からでも編集可能です。



「入稿データを作成」をクリックすると、入稿データ管理画面に遷移します。

おおよそ10分ほどで、ePubファイルのダウンロードが可能になります。



・ePubファイル生成の完了をお知らせするメールが届いたら、「入稿データ管理画面を開く」をクリックする



・入稿データ管理画面でePubのダウンロードボタンをクリックする



ePubファイルがダウンロードできました。



3. BOOK☆WALKERで電子書籍を出版する


・BOOK☆WALKER 著者センターに新規会員登録/ログインする

こちらからアカウントの登録/サインインが可能です。ログインにはBOOK☆WALKER IDが必要になります。


・著者センターで本棚を表示

画面上部の「書籍」を押して、あなたの「本棚」を表示します。ここに登録したあなたの電子書籍が並んで表示されます。


「本を追加」を押します。



・ 本のタイトル/著者名/・キャッチコピー/内容紹介を入力

本のタイトルとタイトルの読み仮名(全角カタカナ)を入力します。

続いて、著者名と読み仮名を入力します。

最後に選択メニューで「著者」「訳者」などの中から適切なものを選びます。 著者が複数いる場合や、イラストレーター名などを追加する場合は、「著者を追加」を押すと入力欄が増えます。


キャッチコピーは必須ではありませんが、読者を惹きつける重要な項目です。

最大200文字まで入力できますが、なるべく短く印象的な言葉を入れてください。

内容紹介は最大1000文字まで入力できます。あらすじや目次など、できるだけ詳しく情報を入力してください。



・表紙画像とEPUBファイル/試し読み用EPUBファイル(オプション)をアップロードする

表紙画像はJPEGファイル、カラーモードはRGBのみです。大きさは長辺が最大4500px、短辺は最低512pxとなります。

推奨サイズは長辺が1024pxから1600px、短辺が640pxから1000px程度になり、それ以上のサイズでも見え方は同じになります。


続いてEPUBをアップロードします。EPUBファイルの1ページ目に表紙画像と同じ画像を入れてある場合は、図のようにEPUBファイルにも表紙画像が表示されます。EPUBファイルに表紙画像が含まれていない場合は本文の1ページ目が表示されます。


著者センターでは、別途作成した試し読み用のEPUBファイルをアップロードすることもできます。

試し読み用EPUBファイルは、内部のページ数が販売用より少ないだけで、それ以外の点では販売用と変わらない普通のEPUBファイルです。

試し読み用のEPUBファイルを設定しない場合、販売用EPUBファイルの先頭から約20%の本文が試し読み用のEPUBファイルが自動的に作成されます。

先頭から20%のページにネタバレ等が含まれており試し読みさせたくない場合や、先頭20%に含まれない部分を試し読みさせたい場合は、試し読み用EPUBファイルを作成してアップロードしてください。



・カテゴリやキーワードの設定

適切な読者に届くように、カテゴリやサブカテゴリを設定しましょう。


検索キーワードは、ユーザーがストア内でキーワード検索したときに自分の本がヒットしやすいように設定するものです。最大10個まで設定できます。作品の内容に沿った適切なキーワード設定をお願いします。


シリーズ情報は必須ではありませんが、シリーズものの場合は新刊配信時に既刊購入者に通知が送られますので設定を推奨します。



・シリーズ情報を設定する(オプション)

シリーズ設定をして、既刊購入ユーザーに発売を通知したり、続刊を表示することができます



・ 価格を設定する

販売価格は税抜きで91円から10000円まで設定できます。

また、「価格を0円にする」をチェックすると0円で販売することもできます。



・販売歴入力/販売開始日を指定する(オプション)

販売開始日を指定することもできます。指定できるのは入力している日から7日後から180日後の間です。


販売日を指定して販売申請をすると、審査通過後、翌日午前0時から予約販売が開始されます。 販売指定日を指定しない場合は、販売申請を通過した翌日午前0時から販売が開始されます。 予約販売状態で、販売指定日を変更できますが、指定できる販売日の範囲は修正した日の7日後から180日後の間となります。



・販売を申請する

すべて入力し終わったら、「販売を申請する」ボタンを押します。

販売申請が受け付けられると「販売申請を受け付けました」と表示されます。


・本棚画面に審査中と表示される

本棚画面に、販売申請をした本が表示されます。申請結果は通常1~2営業日で出ます。

(土・日・祝日は審査は行われません。作品申請が多数の場合は審査が遅れる場合があります。)

また、審査中でなければ本棚から申請を取り下げる事ができます。


・販売開始されると、販売画面へのリンクなどが表示される

販売が開始されると「販売中」と表示されます。

「販売ページを確認」を押すと、BOOK☆WALKERの販売中の画面が表示されます。

「詳細画面」を押すと、登録情報の編集画面となります。表紙画像やEPUBの差し替えもできます。


・販売状態の確認

「販売ページを確認」を押すと、BOOK☆WALKERでの販売中の画面が表示されます。


これで、出版は完了です。


電子書籍の出版、おめでとうございます!

面白かったら応援!

コメントを書く
( 0 )
4/20
作者
   
作品が気に入ったら
もっと作品を描いてもらえるよう作者を応援しよう!