ちえむ(Chiem)
13日前更新

母親じゃないけれど

#ガチ編集求む
印刷

この企画で母の愛を考えてみた時に、娘と息子とで受け取り方が少し違っている気がしました。息子は母親になるわけじゃないけど、受け取った母の愛を次につなぐことはできるんじゃないんかと思い、描きました。息子が幸せを実感する場面が、父親って家族のどういう場面をみて幸福を感じるのかなぁと。少し曖昧な感じになってしまいました。

26  
 
26  
 
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
1件の編集コメント
13日前
料理も掃除もおしめ替えもミルク温めも幼稚園の送迎も、連載佳境だった仕事と同時にやっていたことのある僕としては
男性には是非子育てに参加してもらいたいと思います。
手間をかけるほど愛は育ちますしね。
男性には産みの苦しみがないので手間をかけて、それで育ってくれること自体が
父親の自覚へとつながると思います。

だからそんな思想の僕にとって、この話は興味深く嬉しい話でした。

技術的には1ページ5コマ目の驚いた顔の後に「僕が?」のセリフにしていて
これがいいですね!驚きのセリフの代わりに表情で見せていて導入にふさわしいアクセントになっています。
その後もそれぞれのキャラの暖い表情が素敵です。素晴らしいです!

ただ経験者としては最後のページの最後のコマだけは僕はちょっと物足りなかったです。
母からの愛を渡してどうなったのか?
プラスして主人公の表情まで描くと見せ過ぎと思いますが、見せずに満足感を表現するために
主人公目線でベッドにそっと置いた赤ん坊の幸せな表情を見せたコマで
ラストに全ての結論を語って欲しい気がしました。

ちょっと僕自身の主観が入ったコメントになっているかもしれないので参考までに。

13日前

ありがとうございます!読みようによっては父親は家事育児に意欲がない、という取られ方になるのでは?と心配していたので、このようなコメント頂けて大変嬉しいです。世の中の母親すごい!という賛辞はいいことですし、でも同じように父親もがんばっているし、その中で「母親」だけを讃えられると、ぐうたら母の私としては肩身が狭く…汗。父親が伝えられる母の愛もあるのでは?というのを描きたいと思いました。
最終コマへの流れ、愛を渡してどうなったか、までを描く。なるほどです。親からもらった愛が次の世代へつながっていく感じですね。期間内は難しいですが、加筆してみます。ありがとうございます!
ちえむ(Chiem) 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは