母親じゃないけれど

favorite_border 1
ちえむ(Chiem)さんの:母親じゃないけれど0 ちえむ(Chiem)さんの:母親じゃないけれど1 ちえむ(Chiem)さんの:母親じゃないけれど2 ちえむ(Chiem)さんの:母親じゃないけれど3

この企画で母の愛を考えてみた時に、娘と息子とで受け取り方が少し違っている気がしました。息子は母親になるわけじゃないけど、受け取った母の愛を次につなぐことはできるんじゃないんかと思い、描きました。息子が幸せを実感する場面が、父親って家族のどういう場面をみて幸福を感じるのかなぁと。少し曖昧な感じになってしまいました。

サポートするにはログインが必要です。
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
コメント(3件)
ログインすると、コメントできます
料理も掃除もおしめ替えもミルク温めも幼稚園の送迎も、連載佳境だった仕事と同時にやっていたことのある僕としては男性には是非子育てに参加してもらいたいと思います。手間をかけるほど愛は育ちますしね。男性には... もっと見る

ちえむ(Chiem) 作者 2019/11/30
ありがとうございます!読みようによっては父親は家事育児に意欲がない、という取られ方になるのでは?と心配していたので、このようなコメント頂けて大変嬉しいです。世の中の母親すごい!という賛辞はいいことですし、でも同じように父親もがんばっているし、その中で「母親」だけを讃えられると、ぐうたら母の私としては肩身が狭く…汗。父親が伝えられる母の愛もあるのでは?というのを描きたいと思いました。
最終コマへの流れ、愛を渡してどうなったか、までを描く。なるほどです。親からもらった愛が次の世代へつながっていく感じですね。期間内は難しいですが、加筆してみます。ありがとうございます!