chiku
8/18更新

ヨナ書~総集編~ Book of jonah 解説付き

印刷

旧約聖書のヨナ書を絵画集のようにまとめました。

美術館に展示されている絵のように、一枚一枚味わって御覧頂けたら嬉しいです。

ご感想を頂きました、こしの先生と山口さま、ありがとうございました!

とても参考にさせて頂き、自分の中で咀嚼して、作品にアイデアを練りこませて頂きました。今後ともよろしくお願いたします。

巻末に漫画の設定表もつけています。こちらもご覧いただけましたら、文章で書かれていないところもイメージが広がるようになっています。

読んで頂きましたみなさま、これからも毎日地道のコツコツ描いてはアップして行きますので引き続きよろしくお願いたします。

今後のためにご感想も頂けましたら嬉しいです。必ずみなさんにご返事いたします!はじめての方も大歓迎です!

それでは、すこし長いですが、ごゆっくりご覧ください!

53  
  +9
53  
  +9
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
2件の編集コメント
お疲れ様でした! 拝読しました。やはり画がすごく特徴的で、かつ力があるので引きつけられちゃいますね。

物語も全体像がつかめて、初回よりもより理解しやすかったように感じます。物語も独特でキャッチがありますよね。

史実をお調べになった上で描いているからか、細かい心情など想像の上で描くことに躊躇があったのかな、という風に感じました。

ズレていたら恐縮なのですが、事実ベースで展開が進むこともあって"いきなり"な流れがあったような気もします。なぜ某国とは異なる道を最初は行ったのか、なぜ悔い改めよとの言葉を受け入れたのか、感謝したのか。

「漫画で描く世界の歴史」みたいな作品のように、事実性と脚色をバランスよく描く手法も追求可能なようにも思えました。

自分がこういった話に疎いということもあってあまり具体性のあるコメントにはなりませんんが……。ヨナの発言をなくす、思いっきり切り分けるでも印象が異なるかもしれません。

参考になればうれしいです。また次回も楽しみにしています!

8/19

とても丁寧なご感想頂きましてありがとうございます。
とても参考になります。

このお話はヨナ自身がいまから2800年前に書かれたという説があります。

2800年前の文章は、彫刻でいえば、ミロのビーナスやニケみたいに、
時代と共に欠落した情報があると思い、それをなるべく忠実に物語化する
ことによってその時代のムードが再現できるのではないかと思いました。

また、金曜に「千と千尋の神隠し」をみて、なぜ多くの人に評価されたのか
と考えながら見た時に、「圧倒的なイメージをつなげる」ことの大切さに
気が付きました。

そして見る人にもっと作品をゆだねていろんなことを感じて頂ければいい
という結論にいたりました。アート作品のような感じで。

また今回は「画力」がテーマでしたので、2800年前の物語の世界をなるべく画面で伝えることに力を入れ挑戦してみました。

でも、手塚先生がいってたように、人間にはピラミッドの時代から
変わってないことろが、たくさんあると思います。

私は、ヨナは預言者ですが、聖人ではなく、普通の人間だと思うのです。
だから怒りっぽく、我がままな人物にしました。

山口さんがおっしゃるとおり、歴史的な知識がない方にもわかるようにある程度わかる描き方もあると思います。また機会があったら副読本みたいなトリセツ漫画も描いてみたいと思います。

ヨナのニネベ宣教双六みたいな漫画も楽しいかもしれません!

ヨナの発言をなくすという手法もいいかもしれませんね!

ぜひまた今後ともいろいろご感想頂ければ、嬉しいです。
引き続きよろしくお願いたします
chiku 作者   いいね 0  

8/19

(少し専門的になりますが下記の件につきましてもう少しお答えします)

なぜ某国とは異なる道を最初は行ったのか、なぜ悔い改めよとの言葉を受け入れたのか、感謝したのか。

新約聖書の マタイによる福音書のなかで、律法学者がイエスを「あなた神の救い主であるという天からのしるし(証拠)を見せて頂きたい」と要求するシーンがあります。

その答えが「預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません」と答えています。つまりヨナの物語は歴史上事実で、奇跡で、その奇跡により人々が救われたことを言っているのではないかと思いました。

つまり大きな魚の中で、ヨナは洗礼を受けたのだいうこと考えました。

まとめますと、
・某国とは異なる道を最初は行ったのか>洗礼を受ける前の罪のあるヨナ
・なぜ悔い改めよとの言葉を受け入れたのか>大きな魚の腹の中で神の存在を信じた
・感謝したのか>神様の奇跡を信じられるようになったから

それでもヨナの性根は人間くさいおやじなのです。

ヨナの物語自体がイエスキリストの「寓話」であり「預言」でもあるのです。

今回はその点をすべて出すと、エンタメ性が薄くなるので、情報のバルブを閉めて、想いを絵に込めました。(^^)
chiku 作者   いいね 0  
やっぱり個性的ですね!
縦読みしやすかったですし、あやデザイン含めて、個性的で、これはchikuさんにしか描けないと思いました。圧倒されました!

9/2

ありがとうございます!コミチでいろんな作品で勉強させて頂くことで、自分の個性の気づきになったような気がします!これからもい1コマ1コマ地道に描き続けていきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします!
chiku 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは