黒きアオハル.2

favorite_border 4
ラリー元
黒きアオハル
ちえむ(Chiem)さんの:黒きアオハル.20 ちえむ(Chiem)さんの:黒きアオハル.21 ちえむ(Chiem)さんの:黒きアオハル.22 ちえむ(Chiem)さんの:黒きアオハル.23

ペン入れして、ページが増えました。卒業式で後悔しないよう、読んで勇気に変えていただきたい。

サポートするにはログインが必要です。
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
コメント(8件)
ログインすると、コメントできます
読み取らせる癖は、伏線を張りめぐらす読者に想像の余白を残せる長編作品だったら、効果的に活かせますよ。伏線によって、読者なりの解釈が生まれるのぼくは好きです。今回は、演出>伝えたいことになってるか... もっと見る

ちえむ(Chiem) 作者 2019/3/13
伏線はそういう風に使うんですね。なるほど。何を伝えたいか?の部分が疎かになっていたのかなぁ…。後悔しないようにしてねってことは入れるようにしたんですが。そこをもっと伝わるようにどうするか?ベストの見せ方を決めると余計なものは省かないといけない、そこの決断が大事なんでしょうね(~_~)。
ラリー元
黒きアオハル 2019/2/16