マンガ
秋野ひろ
2/11更新

すごいぞ!脳内サディ

印刷

このマンガのやり方でよかったのは、「佐渡島さんなら何て言うかな」と想像して推敲したところだと思う。

佐渡島さんに限らず、いいアドバイスをくれる人はたくさんの面白構文を持っている。

そして自分の作品にどの構文が使えるかを模索するときに有効なのが、頭の中の佐渡島さんに喋ってもらう方法だ。

絵を使わせてもらった、つのだふむさんの『佐渡島庸平氏の定例会(https://corkbooks.com/users/tsunoda_fumm/series/info?id=4)』は、佐渡島さんをよりデフォルメしているため、このやり方に合っていた気がする。

多分やり方として悪くないはずなので、試して感想を聞かせてほしいです。

いいね!  9 超いいね!  4 面白い  2 わかる  3 大好き!!  1
   0
秋野ひろさんの:すごいぞ!脳内サディ0
いいね!  9 超いいね!  4 面白い  2 わかる  3 大好き!!  1
   0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
オプションとして「秋野ひろは俺/私が育てた」と公言できる権利が獲得できます
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

前後のラリー (全56件)

  あなたは「監督型」?「役者型」? 3/4
  「自分は詰んだと思った時」こんな漫画の描き方もあります。 2/28
  すごいぞ!脳内サディ 2/11
  ネームの描き方 1/31
  アイラインマッチ技法 2018/11/14