若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。

favorite_border 2
あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。0 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。1 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。2 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。3 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。4 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。5 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。6 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。7 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。8 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。9 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。10 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。11 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。12 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。13 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。14 あい茶さんの:若い頃、「俺は子どもを持たない」と決めていた父へ。15

#コルクラボマンガ専科 で、

山田ズーニーさんの #感情表現ワークショップ の課題で書いたマンガです。

子どもの頃父に(そして自分に)感じていた1番の感情は、「孤独」でした。

孤独とは何か?と考えたときに、「人から理解されないこと」だと考えました。なので、私が父の孤独を少しでもなくせる可能性があるとしたら、私が父を理解しようとした道のりを共有する必要があるのではと思いました。

なので、シンプルな手紙ではなく、子ども時代からの父への気持ちをマンガにしました。

とはいえ、もっとたくさんのことがあったので描ききれなかったですが…!

なぜ父を選んだかというと、プルチックの輪の感情を見たとき、(あ、ここに書いてある感情、全部父に感じたことあるわ)と思ったからなのですが、その一部は表現できたと思います。


読んでいただきありがとうございました!

作者
サポートするにはログインが必要です。
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
コメント(4件)
ログインすると、コメントできます
しみじみと、読ませていただきましたなんか、ちょっと前にコメントさせていただいた頃に比べて完成度の伸びがすごいと思いますテーマへの思い入れのせいか事実と、感情の配分が絶妙です結婚式の樽酒とお父さんの「車... もっと見る

あい茶 作者 8/5
気持ちの篭ったコメントありがとうございます!!
今までご指摘いただいた点を、自分なりに考えながら描きました。先生たちのおかげで少し成長できたのかなと嬉しいです!
「言ってくれてた」も、おっしゃる通り、今まで節々で父が私に寄り添ってくれたセリフだなと思いそう書きました。伝わって感動しました。

またよろしくお願い致します!