エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)

 前話
次話 
favorite_border 0
よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)0 よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)1 よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)2 よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)3 よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)4 よっしー@糖尿病さんの:エピソードNo.5  コミュニケーションの難しさ(患者視点)5

「エピソードNo.6 コミュニケーションの難しさ(従事者視点)」というテーマでも描きましたが、その作品と同じ内容を今度は患者視点で描いてみました。ぜひ2作品セットでお読みください。

私も70代の父も糖尿病患者ですから、糖尿病患者の気持ちを自分なりに一生懸命表現してみたつもりです。

あえて主人公の医師をベテランではなく若いミカコ先生にしたのは「若い医師の言うことより週刊誌に載っているベテラン医師の文章のほうが年配のAさんにとっては信頼できるものであったから」です。ね、実際にありそうでしょう?

今回も漫画のために背景や診察券などこまごまと描きました。とても楽しかったです!


    前の話    
    次の話    
サポートするにはログインが必要です。
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
コメント(0件)
ログインすると、コメントできます
最新話まで読み終わりました