きおるさんのマンガ:シルクのパジャマと価値基準