【テーマ3「脳卒中」】 ▼エピソードNo.5 「脳卒中」患者の視点

コミチ公式さんの作品:【テーマ3「脳卒中」】 ▼エピソードNo.5 「脳卒中」患者の視点

ある日突然、片方の手足がしびれてうまく力が入らなくなった。今まで大きな病気にかかったことはなかったので、しばらく休めば治ると思い、家でゆっくりしていた。その時、たまたま息子から電話があったので相談してみた。自分では救急車どころか病院にすら行くつもりはなかったが、息子が慌てた様子で救急車を呼ぶように言うので、仕方がなく救急車を呼んだ。救急隊にはかかりつけの病院を伝えたが、一度もかかったことのない脳卒中の専門病院に搬送された。すぐに検査され、脳梗塞だったことが判明。早期に専門的な治療を受けることができたので、ほとんど後遺症を残さずに自宅に戻れた。

息子からは、前から言っていただろうと叱責されたが、今思えば病気の話を聞いても、どこか自分には遠い話のように感じる気持ちがあった。もし息子にあそこまで言われなかったら救急車を呼んでいなかったかもしれない。

作者
   
22  
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。