志賀 ぞんび
2/9

いつも黄緑色のペンで書かれてた

印刷

ほろ苦い中学生時代の記憶の中で、

どうしても忘れられないことを紡いで描きだしてみました。


(9年前…

SNSはもちろん連絡先を交換する事もなかった。。)

3     2
3     2
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
サポート頂けたら、創作活動の励みになります。
サポート頂いたお金は、皆さんにより良い作品をお届けするために次の作品に活かします。
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
1件の編集コメント
2/10
なんとも言えない寂しさですね。なんで彼女は一声かけて行かなかったのか、気になりますね。うーん切ない。
進平   いいね 1  

2/10

この寂しさを表現できたら…!と思っていたので嬉しいです。ありがとうございます。
志賀 ぞんび 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは