マンガ
みずけん
2/9更新

わたしだけの秘密の愛し方

印刷

そして受け継がれていく


<エピソード5>

子供の頃。母が父の為に淹れるインスタントコーヒーの香りで目を覚ますのが、私の毎朝の風景でした。樽の形をした大きなおおきなマグカップになみなみと注がれた、砂糖とミルクたっぷりのコーヒー。いつも子供ながらに不思議に思っていました。なんでこんなに縁いっぱいにお湯を注ぐんだろう。もっと少なく注げば運びやすいのに。たまに最初のひとくちを失敗してこぼす父。もー!と怒りながらも楽しそうな母。幸せな記憶は甘いコーヒーそのものでした。父が亡くなり、母がコーヒーを飲まなくなってから暫く経ち…大人になった今、ふと気付いたことがありました。私も、マグカップになみなみと注ぐのが癖になっていること。運びづらいし、飲みにくいのに。でも、楽しい。一杯のコーヒーが、たくさん美味しい。あの頃の母の想いが、今になってやっとわかった気がします。

いいね!  7 超いいね!  2 わからない  2
   0
いいね!  7 超いいね!  2 わからない  2
   0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
ご恩は忘れません。
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは