小山コータロー
2018/11/7

中学生の時、メガネが飛んだ話

印刷

中学生の時です。

朝起きて、寝ぼけながらメガネをかけました。

すると、照明のヒモにメガネが引っかかったまま直進してしまい、振り子の原理で窓から外へメガネは飛んでいきました。

庭で洗濯物を干していた母の「ヒィーーッ!?」という声だけが聞こえました。

20     13
20     13
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
小山財団へようこそ
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
6件の編集コメント
2018/11/7
ぶっ飛んだね!笑

2018/11/8

あっという間の出来事でもうなにがなんやらでした…
2018/11/7
ギューンて!!笑笑

小山さんの昔話が知りたい^_^

2018/11/8

少しずつ、こんな漫画も載せようと思います!
2018/11/7
手を使わずメガネは飛ばせるのか検証してみた!

結果:加速したwww

2018/11/8

全てが重なったその時!!
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは