favorite_border   0  
末次 由紀(すえつぐゆき)さんの:「仕事」の話0

そんなひょんなことで頂いた「人生がときめく片づけの魔法」。

まだ近藤麻理恵さんの快進撃が始まる前で、不勉強ながら私も本をいただいたタイミングで読ませてもらって、初めて「こんまりメソッド」に触れました。


人生がかたづく魔法は伊達ではありませんでした。


読んだ日から、私は帰宅するたびに「おうちただいまー」とお家に対して挨拶をするようになり、「これにときめきを感じるか・・・?」という基準でものを取捨選択するようになり、捨てなければならない様々なものに「これまでありがとうね」と心の中で言うようになりました。


こんまりメソッドすごい。

片付けを方法論ではなく、哲学にして、考える核を明確にして、「とりあえず」とか「ねんのため」よりも大事なのは「自分の人生」なのだと示してくれました。


しかし。私が感銘を受けた一番の事実は、そのメソッドではありません。


近藤麻理恵さんが、5歳の頃から片づけのことばっかり考えていたというエピソードでした。


5歳の頃から片付けのことばっかり考えていた・・・・!?

5歳なんて、後先考えず全てのものを欲しがって、1時間で飽きて放り投げて、また新たな欲しいものを来年のサンタにお願いするような、そんな時期から、片づけのことばかりを考えていた・・・・。


それもすごいんですが、

私はその早熟に感銘を受けたのではなく、

「好きすぎることを貫いたら、なんであってもそれはいつか仕事になる」

ということを、近藤麻理恵さんが身をもって示してくれたということです。


私は漫画家になったのですが、なぜ漫画家になれたのかといえば、読んでた雑誌に投稿コーナーがあり、「こういう手順で編集部にまんがを見せていけば、うまくすれば漫画家になれるよ」という道筋が可視化されていたからです。

いまでも絵本作家になる方法はわかりませんが、漫画家はよくわかります。


なりかたが分かりにくいものや、そもそも職業として確立されてないもの。

それらにどうにかたどりつく、もしくは新しく作り出し、「仕事」にする。

そのパワーは、尋常ならざる執着からしか生まれません。


いまはまだ仕事になっていなくて、それでも頑張っている人がいる分野を見ると、異常なほど頑張ってかじりついて欲しいと思う自分がいます。


そこまでのパワーは、どんな分野であっても注目されうるのではないか。

されるべきではないか。


「競技かるた」をいつか「仕事」にする人だって出るかもしれない。


こんまりさんのエピソードを思い返すたびにそう思うんです。

89  
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。