友人

favorite_border
あまいろ
15日前

ガチ編集求む
15  
  +3
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
ラリー先
友人 9日前
3件の編集コメント
15日前
あまいろ節
全開で面白いのだけど
ラストのセリフ
どっちがいったか
迷ってしまった。

13日前
最後のページ以外は…そこまではとても面白いです。
ただ最後のページは詰め込みすぎだし、せっかく立ってた友人キャラが普通になっちゃうし、ラストのセリフも目線である主人公のここまでのキャラとは違っちゃってるしで…
ラストのセリフをこしの先生がどっちが言ったか迷ったというのは
二人のキャラが最後に来て崩壊しちゃってるからだと思います。

そんなこんなで、オチをつけたいのは分かるけれど、最後のページだけが…勿体無い気がします。社会の常識を捨てて飄々としてるキャラはとても魅力的で引き込まれるので、そのキャラがもっと見たくなる方向に持っていけた方がこの話は成功な気がしました。
13日前
読みやすいのですが狙いがわからない、というか
どう読んでいいいのか…
キャラクターが中途半端に感じました。
会社を辞めたことを飄々と語る彼が、今ひとつ魅力的に感じられません。
楽しそうにも見えず、普通に心配になってしまいました。
何か目算があって辞めたのか
目算もなく辞めてしまう自由さを持ったキャラなのか
でもそれならもっと若いうちにさっさと辞めていてもいいような

何者にもとらわれず、飄々とする友人を羨ましく見ていたら
意外にも先方は自分を羨んでいた、というストーリーを楽しむには、
友人の魅力、楽しそうさが圧倒的に足りないと思います。
現状だと
98パー「おいおい…」と心配しながら、
2パーくらい羨ましい部分もある、くらいのバランスに、僕には見えてしまいます。
せめて
心配、何やってんの?変なヤツといったネガティブ感情を
こいつ自由だな、いいな、というポジティブ感情が上回っていないと
ストーリーが成立しない気がします。
わかりやすいのは、
貯金がいくらあるから当面平気、とか
漫画や小説で賞をもらった、とか若い彼女が出来た…とかポジティブ要素を持っているのが一つ、
逆にあえて何も無くて、普通の感覚なら不安しかないはずなのに飄々としている…なんかこいつ…すげぇ…という線もありますが
それをするには表情の工夫やセリフの選び方など、もっと工夫が必要だと思います。

ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは