伊吹 天花
10/29更新

ココペリ・ガール 第2話

#ガチ編集求む
印刷

第一話はこちらです↓

 

絶滅危惧の精霊を守るRDSのコンビ、ウサとユニアは、パトロール中に

精霊の密売者に襲われる。重傷を負ったウサだが、彼女は異形の姿に

変化した…。

18  
  +1
18  
  +1
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
2件の編集コメント
10/30
映画のような作品ですね。メインの二人のキャラがとても魅力的で、応援したくなりました!世界観、設定も面白く、「精霊を守りたい」というしたいことがしっかりあるのも物語の軸となり素敵と思います。

戦闘に関する情報の提示がより丁寧だと、クライマックスのワクワクが高まりそうと感じました。
ファンタジー作品なので、読者にはこの世界のルールや、ウサさんやユニアさんや他の人がどういう能力を持っているのかが分かりません。「こんな奥の手があったなんて!」「実はこんなに強かったなんて!」という盛り上がりは、ベースになるものがしっかりしていて、伏線があることで際立つのかなと思います。読者に、「この世界は何でもありなのかな」と思われてワクワクが減ってしまうことは避けたいです。
(そういう意味では、冒頭の麻酔銃の話はリアリティもあって良いですね!)

近しいジャンルの作品では、“いつもどおり”に事件を解決した主人公たちが、いつもと違う事件に巻き込まれる…という導入を多く見る印象があります。“いつもどおり”の中で、キャラを立たせたり、世界のルールや能力を見せたりする役割を持たせているのだと思います。
セオリー通りが良いとは限りませんが、見せ方の一つとして、取り入れてみても良いかも知れません。

ラストの笑顔にじんわりしてしまいました。これからも楽しみにしています!

10/30

コメントありがとうございます!
確かに初戦闘が、クライマックスのメイン戦闘になっているので、一回で主人公の能力を全出しになっていますね…。
主人公は、何かの能力を持っているという伏線は匂わせていましたが、それだけだと情報に過ぎないので、読者の感情を盛り上げる助走のような効果に欠けていました。反省です。
気づかせてくださり、ありがとうございました……!
伊吹 天花 作者   いいね 1  
10/30
本作品キャラや設定に作者さんの強い想いを感じます!
ヒロインはカワイイし、
キャラクターの関係性や設定も作りこまれていて
こだわってる部分、ご自身の好きな作品の傾向や
ご自身の武器を把握されてるんだろうなと思いました。

しかし想い入れが強い分
作者さんは把握しているけど
読者視点では分かりづらい設定、関係性が気になりました。

・思考、実体化し形状の異なる精霊の共通の定義とはなにか?
・ヒロインの能力開花はどのように行われたか?
・能力を持つ人間、持たない人間者の差とはなにか?
・能力を持つ人間、待たない人間、精霊の三者間にヒエラルキーがあるのか
また軋轢はないのか?

劇中、回想で少し触れられているので
描かれていない設定があると思うのですが
具体的にそれが提示されないまま物語が進むと
読者はその謎が気になりせっかくのドラマに対して
集中できないので、なるべく
謎の上に謎をのせない意識をもつとさらに良いと思います。

キャラクターの魅力を引き出す演出力、
アクションの魅せ方など
ほんと素晴らしいので、がんばってください!

10/30

コメントありがとうございます!
ストーリーをテンポよく進めることに気をとられて、ご指摘の通り設定を描写する事がおろそかになっていました。
謎のまま残しておきたい部分があるとしても、土台となる世界観の説明や設定を省いてしまうと、読者は物語に入り込めないのですね…。
読者視点が足りなかったと思います。
教えていただき、ありがとうございました…!
伊吹 天花 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは