マンガの必殺技辞典 あ行 第三語「アイロニー法」そして「ドラマチックアイロニー」

favorite_border


(イロニー法)皮肉を使った言葉の演出。 褒め言葉で悪口以上に相手を深く貶める。「化粧が本当に映えるね」みたいな。

アイロニーの 語源は、ギリシア語のエイローネイア「虚偽、仮面」、「よそわれた無知」

そして…関連専門用語「ドラマチックアイロニー」…読者は知っている真実を物語に登場するキャラクターだけが知らず、登場人物たちが右往左往する様子を読者が笑う技法。実はコレがめっちゃ使える技だったりします。

映画『バーフバリ2』で主人公はうつけ男のフリをしてヒロインに近づき、そうとも知らず主人公を馬 鹿にして近づく者の滑稽さ。そんな中で主人公の魅力に気がつくヒロインの聡明さ。 『スーパーマン』のクラーク・ケントの眼鏡記者の時の三枚目ぶり。『スパイダーマン』の駄目学生、 駄目記者ぶりからの大活躍!

日本の特撮変身ヒーロー達の日常と変身後のギャップ

映画アランドロンの「ゾロ」も素敵! ぼくらはそうして庶民の無知を笑うのだけど...僕らこそがその作者に踊らされる無知なる者だという皮 肉。

作家になるには踊らせる側にならなきゃね。

コラム
70  
購読を申し込みマンガを読む
このマンガが含まれている定期購読連載「樹崎聖の知っているだけで3倍上手くなるマンガの必殺技辞典」 (全17話)
500円/月
購読を申し込む
購読を申し込むにはログインが必要です。
0件の編集コメント

ログインすると、公式漫画家/編集者限定で編集可能です→公式漫画家/編集者とは